民間放送健康保険組合

民間放送健康保険組合

お問い合わせ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

会社に勤務されてる方(一般被保険者)B方式

生活習慣病予防健診
人間ドック[1泊・日帰り]
【対象年齢】当該年度に30・35・40・45歳の人及び50歳以上の人

健康診査の概要

事業主が任意に選択した健診機関で実施します。

受診方法

事業主が健保組合にかわって実施します。事業主の指定する健診機関で受診します。

受診案内 健診機関から送付されます。
受診当日 健診機関の指示に従って受診します。
健診結果 健診機関から送付されます。
健診項目 標準的健診項目(特定健診の検査項目をすべて含んでいます)
健診補助金額 次の金額を上限に補助します。
【生活習慣病予防健診】
  • 胸部、胃部レントゲン検査(直接撮影)…19,530円
    (胃部レントゲン検査未実施の場合)…13,580円
  • 胸部、胃部レントゲン検査(間接撮影)…12,900円
《任意項目》 健診補助金にプラスして補助
  • ○婦人科健診受診
    ・乳房診検査…4,000円
    ・子宮細胞診検査…2,500円
  • ○前立腺PSA検査…2,500円

【人間ドック】
  • 1泊人間ドック…40,000円を健保が負担。
  • 日帰り人間ドック…30,000円を健保が負担。
    婦人科健診実施の場合…34,000円
    • ○乳房診検査(視触診+乳腺エコー・視触診+マンモグラフィー)
    • ○子宮細胞診検査(医師採取法)
      ※(視触診のみ実施の場合は、支給対象外)
    前立腺PSA検査…32,500円

補助金の申請

健診実施後、事業主が取りまとめて翌月末日を目途に、民放健保に提出します。

特定健診に関する結果データの提出

  • CDによる場合は、送付書を添えて実施月ごとに取りまとめ民放健保へ提出します。
  • 紙による場合は、自書した「特定健康診査質問票」〈40歳以上のみ〉も併せて民放健保へ提出します。
  • ※上記いずれの場合も実施月の翌月20日までに安全な方法(追跡可能な方法)により民放健保へ提出します。

ページ先頭へ戻る